交通事故の際は弁護士へ相談することのすすめ

事故時には冷静な対応が必要

皆さんは、交通事故にあった時、冷静な対応ができますか。
不意に起こった出来事で、気が動転してしまうことも多いことでしょう。
そこで、もし事故にあった時に備えて、どのように対応すればよいのか、あらかじめ整理しておくことが大切です。
では、事故の際の適切な対応について、簡単にここでご紹介しましょう。

救護から警察への連絡までがワンセット

まず、事故にあった場合には、何より救護、そして警察への連絡が一番です。
当事者同士で解決しようとせず、まずはすぐに警察へと連絡しましょう。
そして、身体に痛みなどがある場合は速やかに病院へ行き、治療を行いましょう。
この時点で、保険会社への連絡も済ませておくとスムーズです。

事故後は保険会社同士のやりとりが中心です

その後、示談交渉へと入りますが、過失割合は、お互いの保険会社同士の話し合いによって決められるものです。
交通事故のほとんどが示談により解決していますが、もしも、保険会社が決めた過失割合に納得できない場合には、弁護士などに相談すると良いでしょう。
その他にも、示談金の相場が分からない場合や、加害者が保険に入っておらず、損害賠償をどうすればもらえるのか分からないなどという場合にも、弁護士への相談が早期解決の近道となります。
交通事故に強い法律事務所も全国に数多くありますので、チェックしておきましょう。

大きな事故ほど専門家の法律事務所への相談が必要

特に死亡事故の場合、費用を支払ってでも専門家に依頼した方が賠償金額が大幅に増えるというケースが多いのが現状です。
また、後遺症が残ってしまった場合にも、将来の負担の大きさを左右することになります。
しかし、専門家への相談は費用がかかるというイメージをお持ちの方も多いことでしょう。
けれど、被害者に負担を考慮し、相談は無料、着手金も無料という事務所も多く見られます。
皆さんも是非、万が一の時に備えて、1度考えておいてみてはいかがでしょうか。