交通事故に遭った時の示談交渉は、どのように行われるのでしょうか。

交通事故後は示談交渉が付きものです


交通事故に遭った時に必ず行わなければいけないのが示談です。
示談とは簡単に説明しますと、事故が発生した時に当事者同士が話し合いをして損害賠償の金額や支払方法などの内容を決めて解決を行うことです。
具体的にはまず加害者が被害者に対して、損害賠償金を支払う約束から始まります。
そして被害者が話し合いで決まったお金を受け取ることで、これ以上加害者に損害賠償を請求しないといったことを約束するのです。
つまり被害者が話し合いで決まった金額を受け取った時点で、当事者同士が交わした契約が成立するわけです。

示談交渉は保険会社との交渉

示談交渉は本人同士で行うことも可能ですが、保険に加入している場合には保険会社の担当者が本人になり代わって交渉を行うのが一般的です。
あるいは事故の状況によっては、弁護士などの専門家にお願いする場合もあります。
交通事故の解決では特別なケースを除いては裁判で解決するといったことはあまりありません。
たとえば加害者が自動車保険に加入していれば、自動車保険会社の担当者が加害者に代わって交渉を行うことになります。
また被害者になった場合にも同様です。

保険が使えない場合は当事者かプロに頼む必要があります

ただしもし本人が保険に加入していなかったり停車中にぶつかってきたというように相手側に全過失がある場合には、保険は使えませんので本人自身が相手の加害者と加害者が加入している保険会社の担当者とじかに交渉することになります。
しかし保険や法律の専門家でない素人が、保険会社の担当者を介さないで自身で交渉することは非常に困難です。
こういう場合には弁護士や専門家に依頼して交渉をしてもらうことになります。
このような話し合いによって賠償金が決まるわけですが、話し合いはたとえ保険の担当者や弁護士、専門家に依頼したとしても本人自身も内容をしっかり把握し慎重に交渉を進めていかなければいけないのはいうまでもありません。