交通事故の慰謝料はいくら

任意保険があなたの今後を守る


車やバイクなどの運転をするときは、必ず保険に入るべきです。
自賠責保険はもちろん法的義務ですが、任意保険にも入っておくべきです。
「べき」というのは、自賠責保険では限度額が低く設定されているので、いざというときに自賠責保険ではカバーしきれない部分があるからです。

自分だけは大丈夫、その過信が事故を招く

もちろん交通事故をおこさないというのが最良ですが、そんなに人は都合よくはできていません。
いざ、最悪なことが起こってしまったときは保険のありがたみを実感するものです。
それを思えば月々の保険料はお守り料だと思っても、決して無駄とはいえません。

保険会社が間にはいることで事故後の対応はスムーズに

任意保険に入っておけば、支えてくれるのは金銭面だけでなく、交渉ごとなどにも保険会社の担当者が出てきてくれます。
事故後の極度のストレスのなかで、こういった支えはとてもありがたいものです。
相手側からしても交通事故の相手が、任意保険に入っているという安心感は大きいものです。

被害者になったら法律のプロに相談

さて今度は交通事故の被害者になった場合ですが、相手方の任意保険会社の担当者、つまりは保険のプロとの交渉になります。
ですから慰謝料についてはある程度知識をもっておくとよいです。
まずは怪我の治療が最優先ですが、慰謝料とはどんなものであるのか、どの範囲で受けることができるのか、インターネットでも多くの情報を容易に得ることができます。
基本ルールも知らずに、示談の交渉の席に座るのは不用意といえます。

慰謝料の算定方法とは?

慰謝料とは被害者が受けた精神的苦痛に支払われる金額です。
そのほかに治療費や休業損害、通院費などの総合した金額が支払われます。
これらの計算方法には、自賠責保険基準と任意保険基準、さらに弁護士基準でやや異なった計算基準があります。
これらの基準を把握しておき、前もってどの程度受け取れるのかを計算しておくとよいです。
事故は加害者になっても被害者になっても不幸なことに変わりはないので、常日頃より安全運転を心がけたいものです。