交通事故における自動車保険の弁護士費用特約について

利用しておきたい弁護士費用特約

みなさんは、自動車保険の弁護士費用特約というものをご存じでしょうか。
この特約は、自動車を運転して交通事故が発生した場合に、過失割合や事故と傷害との因果関係などでもめて裁判となるなど、弁護士を雇う費用が発生した場合に、その費用を補償してくれるものです。

弁護士費用特約が必要となるケース

まず、自動車事故において、法律上の損害賠償責任が発生するためには、自動車事故と物の損害や傷害などの間に因果関係が必要となります。
例えば、追突された場合、これは明らかに相手側があやまって自分の車に追突して来たことによって事故が発生したわけですから、相手側に100%過失があるといえます。

過失責任の算定が難しいケース

ただ、問題は、例えば駐車場内でお互いの車が動いている間に接触してしまった場合です。
このケースでは、お互いの車の運転の過失によって事故が発生したことにより起こっているので、お互いの車に因果関係があるといえます。
しかし、過失割合についてはもめることが少なくありません。
お互いに自分は悪くない、相手が悪いと思っていることもよくある話で、こうした場合に決着がつかない場合は、最悪法律問題に発展することまであります。

障害など被害額の算定が困難となるケース

また、別のケースで、例えば事故によってケガをした上に後遺障害が発生する場合もあります。
ケガについては事故との因果関係が認められやすいのですが、後遺障害となると事故によるケガとの因果関係の有無が問題となってくることがあるのです。
その場合にも法律問題に発展することがあるのです。

そんなときに、自動車保険において弁護士費用補償特約を備えていれば、弁護士を雇う費用や訴訟にかかる費用をについても安心して対応ができるわけです。
何かあった時のための保険なので、万全に備えたいものです。